筆記用具やノートを少し良くすると、うれしくなる

ふと、文房具の話をしたくなりました。
これもまたガチ勢に語らせると止まらないものですが、
私は浅くゆるくいきます。
リンクが多いので要注意。
貼ったのは私ですが。

もくじ

万年筆

普段は万年筆とボールペンを併用しています。

万年筆について、いきなり重い話をすると、祖父の形見を使っています。
自分で購入したものではないので詳細は不明ですが、プラチナのプレジデントで、
下記っぽい感じです。

少なくとも10年は放置されており、最初はインクが完全に詰まっていたこともあり、
銀座の伊東屋さんに預けてメンテしてもらいました。
現在は元気に活躍しています。
ザ・万年筆という見た目で、一つあると所有感を満たしてくれます。

普段使いの万年筆はもう1つあります。
パイロットのキャップレスデシモです。

万年筆なのにノック式という、非常に便利な一品です。
落ち着いていない状況、片手しか使えない状況などでありがたいです。
人によってはクリップの位置が気になるかもしれませんが、私としては特に問題ありません。

また、万年筆としては非常に細字です。
私は5mm方眼のノートを比較的よく使っており、
字を書くときになんとなく方眼を意識してしまうのですが、
漢字が方眼内に収まります。

ボールペン

ボールペンについては、どれか1本だけならばジェットストリーム プライムが便利です。
シャープペンシルもついていますし。

ボールペンとしては細い0.5mmのものがあります。

ただ、個人的にボールペンはもう少ししっかりしている方が書きやすくあり、
普段はカランダッシュの849を使っています。
黒、赤、あとシャープペンシルもです。
自宅にも職場にも置いてあります。

インクカートリッジが特徴的で、そして長期間替える必要がありません。
コンパクトなサイズも良いです。
分解してみると、シンプルな構造をしていておもしろいです。

ノート

私はノートが好きです。
真っ白な感じというのか、これからどんなものでこのノートを埋めていこうかなという、
目の前に広がる世界を想像できるあたりが、好きな理由なのかもしれません。

まず代表格としては、アピカの紳士なノートがあります。

初めて買ったときは感触が良くて驚きました。
ただ、3回目に購入した時に、以前よりもサラサラ感が減っていました。
それでもなお、高品質だと思いますが。

モレスキンも持っているものの、紙自体は好きじゃないんですよね。
カバーはとても良いので、惜しいです。

また、ページ数の多さとノート全体の薄さでは、
ニトムズの365デイズノートが良いかなと思います。

このノートの側面を撫でると気持ちいいです。
多いページ数で厚みを抑えているということは、1枚1枚が薄いということなので、
その辺は好みによります。

なお、手帳についてここ3年ほどは、ハードカバーのほぼ日手帳 weeksを使っています。
持ち歩く頻度が高いので、小さくて軽く、そしてハードカバーなのが良いです。